Views:

著者

Michael Cheng

アブストラクト

この記事では、体積ホログラフィック グレーティングを全面的にシミュレートする新しいモデルを紹介します。これは、OpticStudio 20.1 で追加されたモデルであり、グレーティングの回折効率、収縮、屈折率シフトなどの物理特性を考慮できます。これらの特性は、ヘッドマウント ディスプレイ (HMD) やヘッドアップ ディスプレイ (HUD) などの光学系設計では重要であるものの、これまでの OpticStudio では扱うことができませんでした。そのため、OpticStudio 20.1 では、2 つのダイナミック リンク ライブラリ (DLL) を導入して、これらの物理特性に対応できるようにしました。この記事では、理論面を再確認した後、このモデルで使用するパラメータを説明し、このモデルの使用方法に習熟するために 5 つの計算例を紹介します。

これらの機能は、OpticStudio の Premium サブスクリプション エディションでのみ使用できます。


 
Please サインイン to read the full article, or click here to request portal access.