OpticsBuilder 入門

光学設計を CAD へ容易に変換する方法、迷光の確認によってメカ部品が光学特性に与える影響を解析する方法、および自動生成されたデータを含む ISO 10110 光学図面を容易に作成する方法を学習します。以下のチュートリアルを学習することで、光学製品チームの作業をさらに効率化し、より高い精度で市場投入までのスピードを向上することができます。

目次:

この記事では、OpticsBuilder のインストールおよびライセンシング プロセスについて説明します。OpticsBuilder は、ランセンス管理者とエンドユーザのアクセス管理を Zemax ライセンス マネージャで行います。Zemax ライセンス マネージャと OpticsBuilder ソフトウェアのインストール、およびエンドユーザが遭遇する可能性のある問題のトラブルシューティングについて説明します。Zemax セットアップ トラブルシュータ ツールという新しいツールを紹介します。このツールは、エンドユーザのコンピュータを解析し、特にインストールおよびライセンス問題を調査します。

OpticsBuilder ライセンシングとインストール
OpticsBuilder 向け準備ツールが、どのように OpticStudio レンズ ファイル (ZMX, ZAR ファイル) から ZBD ファイルに変換するかを説明します。この機能により、OpticsBuilder を使用する CAD ユーザのような、他の設計チームに設計を引き継ぐときの忠実性が保たれます。OpticsBuilder 向け準備ツールは、ノンシーケンシャルへの変換、クリティカル光線の生成、図面情報の自動収集、必要となるすべての情報を 1 つのファイル形式へパッケージングする処理によって、送付するファイルを生成します。

OpticsBuilder 向け準備
OpticStudio の OpticsBuilder 向け準備 機能によって、必要なすべてのデータが光学設計と共にグループ化されます。データには、(以下に限定されるものではありません) レンズの材質、コーティング、光源の定義、製造図面のデータが含まれます。生成された OpticsBuilder (.ZBD) ファイルは、CAD ソフトウェアに必要なすべて情報を提供します。

OpticsBuilder (.ZBD) ファイルを読み込む方法
OpticStudio の OpticsBuiler 向け準備 ツールで生成された .ZBD ファイルには、シミュレーションの設定に必要となるすべての設計情報が含まれています。デフォルトの設定を使用することで、OpticsBuilder ユーザは即座に設計フェーズを開始して、コマンド マネージャでのワンクリックで性能のシミュレーションが可能になります。

OpticsBuilder でシミュレーションを実行する方法
OpticsBuilder で図面を自動で生成する方法を説明します。また、SOLIDWORKS 内のカスタム テンプレートを用いた図面についても説明します。

OpticsBuilder 図面チュートリアル (SolidWorks)